企業でのテレビ会議の利用は一般的になってきました。有料のものと無料のものなど、提供されるシステムにはどんな違いがあるのでしょうか。

取締役会でのテレビ会議の利用について

企業では、テレビ会議が一般的になってきましたね。

テレビ会議は、コミュニケーションの向上や、コスト削減など、企業にとってはとてもメリットの多いものです。(※テレビ会議ナビゲーターより)

このテレビ会議をどんどん活用していくことで、ビジネスチャンスをもっと広げることができます。

しかし、知っておかなければいけないのが法律面。

企業の運営は「会社法」という法律によってさまざまなことが決められています。

もちろん、会社法ではテレビ会議の利用についても取り決めされています。

テレビ会議は、一般社員による会議の場合は特に問題はありませんが、取締役会で利用する場合には注意が必要です。

会社法によると、一定の要件を満たしていれば、取締役会でテレビ会議を利用することは可能であるとしています。

その一定の要件とは、実際に会議を行っているのと同様、出席者間で自由に意見交換ができ、相手の反応が十分に理解できる状況が整っているということです。

テレビ会議を導入する際には、まずはこの点を押さえておく必要があります。